株式会社水産堂
お知らせ
こんなにある酒粕の効能
お酒を搾ったあとの酒粕は、昔から料理に風味をつけたり、食感を増すために使われてきました。最近では、酒粕に含まれるたくさんの繊維質や豊富な栄養、機能性が着目され健康食品としての需要が増えています。

1.骨粗しょう症の予防
  年を重ねるとカテプシンLという物質が骨を壊してしまいます。酒粕にはこカテプシンLの働きを阻止する成分が含まれている為、骨粗しょう症の予防になるとされています。

2.肥満解消
  でんぷん質の分解スピードの早さが太る原因の一つだと言われています。酒粕の中にはでんぷんの分解を遅くする物質を含むので、インシュリン上昇せず、血糖も脂肪細胞に運ばれないので、肥満防止に役立つとされています。

3.心筋梗塞、動脈硬化予防
  酒粕には善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす事により総コレステロール値を下げる効果があるとされています。その為血の流れがよくなり、心筋梗塞や動脈硬化の予防に役立つとされています。

4.アレルギー、アトピー予防
  アレルギーやアトピーはカテプシンBと言う酵素から作られる免疫グロブリンが原因とされています。日本酒や麹の中にカテプシンBの働きを阻止する物質が含まれている事が解っています。

5.高血圧予防
  酒粕には血圧上昇の原因とされるアニギオテシンという交換酵素の働きを抑制するヒスチジルチロシンが含まれています。これは市販の血圧降下剤に匹敵する効果を発揮するようです。

6.ガンの抵抗力アップ
  酒粕中の成分に、ガン細胞を殺す働きのあるNK細胞の活性化作用が促されるといわれます。またガン細胞から分泌されるトキソホルモンーL毒素の働きを細胞中のグルコサミンが阻害し、ガンによる病的なやせを防ぐといわれています。

7.糖尿病の改善
  酒粕には糖の吸収を抑える物質や、タンパク質の分解吸収を促進する機能性物質が含まれている為、糖質をへらす作用があるとされています。

8.美白効果
  酒粕の中にはアルブチンという成分が含まれています。シミ、ソバカスの原因はチロシナーゼという酵素だと言われますが、この働きを阻止するのがアルブチンという成分です。その為シミ、ソバカスが薄くなり、美白に効果があるとされています。又、保湿効果もあり血行をよくします。その上皮膚の表面温度を上げて毛穴を開く効果があり、肌の老廃物が排出されるので肌の老化が抑制されます。
酒粕美容液
材料/酒粕100g、ミネラルウォーター100cc、小麦粉小さじ2杯、
1、酒粕をすり鉢で、細かい粒子がなくなるように滑らかにする。
2、水を加え再びすり鉢でする。
3、小麦粉を加え、三度すり鉢ですり、出来上がり。
保存は、冷蔵庫で密閉できる容器に。なるべく1週間で使い切って下さい。
顔、手足、かかとなど全身に使用できます。
顔の場合、入浴時に顔全体に塗り、10?15分たったら洗い流すと効果的です。

9.便秘
  酒粕には椎茸の何百倍とか、りんごの数倍とかいわれる繊維質を多く含んでいるので、便秘解消に役立つとされています。

10.風邪
  風邪の時には甘酒を作り、卵を加えると、卵酒よりも効果があるといわれています。またのどが痛い時は酒粕をガーゼに包みのどにしばらくのせるとのどの痛みがやわらぎます。

メイン商品のご案内Copyright (C) 水産堂. All Rights Reserved.